Profile

 

東京生まれ。聖心女子学院英語専攻科在学中からプロ活動を開始。

1996年頃から盛り上がり始めたカレッジ・フォークブームの中

フォークの女王「ジョーン・バエズ」のレパートリーを歌いひときわ注目された存在だった。

大学卒業後、ニッポン放送「フォークビレッジ」の番組開始当時から準レギュラーとして出演。

 

1969年キングレコードより『こわれた愛のかけら』でデビュー。

同年NHK総合テレビの人気音楽バラエティ番組「ステージ101」の

レギュラーとなり活躍。

『比叡おろし』『恋人中心世界』のシングルが立て続けにヒット。

その後TBSラジオをはじめ民放各局でレギュラー番組に出演。

 

…暫しのブランク(?)の後、石井好子さん、永 六輔さんらの呼びかけもあり

2002年、約30年ぶりに再び音楽活動を開始。

六本木スイートベイジル「カレッジポップス」コンサート、青山マンダラでの

ワンマンライブ「小林啓子GO・BU・SA・TA」等で本格的な音楽活動を始める。

2003年、永 六輔「だれかと何処かで」のコンサート出演。

同年10月エフエムさがみでレギュラー番組「小林啓子アメイジング・グレース」始まる。

2004年7月、HIYOレコードから『明日咲くつぼみに』リリース。

そして2006年9月20日、30年ぶりのオリジナル・フルアルバム

『始まりでもいなく 終わりでもなく』が、嘗ての仲間たちとコラボレートしながら完成…

長谷川きよし、中山千夏、小坂 忠、ブラッド&バター、及川恒平、

南 佳孝、山木康世、他たくさんの音楽仲間たちのサポートを得て…、

 

元フォークの女神 小林啓子の新たなるステージの幕が開きました。